TEL

Blog記事一覧 > 接骨院、整骨院,症例紹介,鍼灸 > 気温差が大きくなるこの時期こそ自律神経の乱れからくる症状に要注意!様々な症状に対応できる鍼灸施術を受けてみませんか?

気温差が大きくなるこの時期こそ自律神経の乱れからくる症状に要注意!様々な症状に対応できる鍼灸施術を受けてみませんか?

2018.08.24 | Category: 接骨院、整骨院,症例紹介,鍼灸

7月から8月は基本的には気温の高い日が続いていますが、先日は急に気温が低くなり寒さを少し感じる日もありました。
しかし、その寒さのあとにはまた気温が高くなり気温差が8度以上ある日もあり体調管理が非常に難しいと感じることもありますが
この【気温差】というキーワードが今日のテーマです。
そして気温差が大きくなると自律神経のバランスが非常に悪くなり様々な症状を引き起こしてきます。

まず、【気温差】のことですが前日との最高気温の差が8度を越すと体調不良を引き起こすと言われています。
例えば今日の最高気温が35度となり明日の予想最高気温が27度を下回るような予想ですと急激な気温の変化についていけず
体調不良となります。
頭痛や肩こり、吐気などの自律神経の乱れが原因の症状、イライラや気分が落ち込むなどの精神的なアンバランス、不眠などを引き起こします。
これらの体調不良や自律神経由来の症状の改善には鍼灸でのアプローチが大変おすすめです。
鍼灸でその不調の部位に対応する手足のツボを使用しお身体の内面から変えていくようにアプローチします。
内服薬等の副作用を心配する必要がありませんし、自律神経の乱れ以外の症状、例えば便秘や冷え性などのお一人お一人のお困りの症状にも改善の期待ができます。
自律神経の乱れからくる症状やそれ以外の痛みや苦痛がある方は太白区緑ヶ丘の青い杜接骨はり灸院までお気軽にご相談ください。

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0021 宮城県仙台市太白区緑ヶ丘3-16-8
駐車場4台あり。最大5台駐車可能。駐輪場あり。
電話番号022-796-9436
予約予約優先制とさせていただきます
休診日水曜午前・土曜午後
日曜・祝日