TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 11月からは交通事故発生率が高くなります。自賠責保険、任意保険の補償内容をご存知ですか?

11月からは交通事故発生率が高くなります。自賠責保険、任意保険の補償内容をご存知ですか?

2016.11.01 | Category: 未分類

自賠責保険では支払い基準が法律に基づいて定められています。
これは認知度が高いと思いますがさらに細かく分けると
・傷害による損害
・後遺障害による損害
・死亡による損害
に分けられます。
整骨院、接骨院においては多くの場合傷害による損害での自賠責保険が適用になることがほとんどです。
稀に後遺障害による損害が適用になるケースもありますがこの場合は医科との併用や画像診断などが必要になります。
青い杜接骨はり灸院ではそういったケースにも対応できるように整形外科医との連携を図り
さらに保険会社様と密に経過報告などを含めた連絡を取っていますのでトラブルが起きたことはありませんのでご安心ください(^-^)

本日は傷害による損害のケースだけ書いていきます。
この自賠責保険での補償では治療関係費、文書料、休業損害、慰謝料が支払われます。
支払い限度額は被害者1名につき120万円と決まっています。
治療関係費では
・治療費…診察料、入院料、投薬料、手術料、処置料、整骨院での施術費です。
・通院費…通院、転院、入院、退院に要した交通費
・診断書等の費用…診断書、診療報酬明細書等の発行手数料
この3点が整骨院、接骨院で関係してくる費用です。
他に
・看護料
・諸雑費
・義肢等の費用
があります。

文書料では交通事故証明書、被害者側の印鑑証明書、住民票等の発行手数料
休業損害では事故による傷害のため発生した収入の減少。専業主婦でももらえます。かつサラリーマンなどの給与をもらっている方では証明が必要になります。原則1日5700円、これ以上に収入減の立証がある場合は19000円を限度に実額が支払われます。
慰謝料は精神的、肉体的な苦痛に対する補償で1日につき4200円が支払われ対象日数には計算方法があります。
これが傷害による損害での自賠責保険の補償内容です。後遺障害や死亡の場合は別に基準などがあります。

自動車事故にまつわるリスクは多様です。
それらを幅広く補償してくれるのが任意保険です。自動車事故の種類や事故の状況などで使用できる任意保険は変わります。
各々が加入している任意保険の契約内容を再確認して万が一に備えることも必要です。
任意保険は大まかに7つあります。
・対人賠償保険
・対物賠償保険
・無保険車傷害保険
・自損事故保険
・人身傷害保険
・搭乗者傷害保険
・車両保険
です。各々の損害保険会社によってはセット契約のものも多々あります。
この中で接骨院、整骨院に関わってくるものといえば人身傷害保険です。
自損事故や無保険者との交通事故、過失割合が高い場合に使用します。
上にある自損事故保険や無保険車傷害保険はどちらも死亡または後遺障害を負った場合に適用されます。
ケガの場合は人身傷害保険が適用されます。
こういった場合でも治療の保障は受けられますのでまずは加入している損害保険会社に確認いただき治療は青い杜接骨はり灸院までお越しください。
青い杜接骨はり灸院では最短かつ最速で早期復帰を促す施術を行います。
症例も年間30件を超え多数経験していますのでご安心して当院へお任せください。
11月からは交通事故の発生率が高くなりますので交通事故にはくれぐれもお気を付けください。

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0021 宮城県仙台市太白区緑ヶ丘3-16-8
駐車場4台あり。最大5台駐車可能。駐輪場あり。
電話番号022-796-9436
予約予約優先制とさせていただきます
休診日水曜午前・土曜午後
日曜・祝日