TEL

Blog記事一覧 > ケガ > いわゆる野球肩や投球肩、野球肘でお困りの野球少年、球児は意外にも多いです。適切な処置やリハビリなどが必要になる場合も多々あります。

いわゆる野球肩や投球肩、野球肘でお困りの野球少年、球児は意外にも多いです。適切な処置やリハビリなどが必要になる場合も多々あります。

2016.07.23 | Category: ケガ

野球人口は昔から多いものですが
・小学生のスポ小に所属する野球少年
・リトルリーグや部活動で活躍する中学生
・甲子園を目指す高校球児
など、野球にまつわる肘や肩の故障は年代、世代を問わず多いものです!!
近年は、
・トレーナーの介入
・病態の知識もネットですぐ入る時代
・監督やコーチの専門知識の豊富さ
・メディアでの警鐘
などで一時期に比べてかなり減った印象ですがそれでもまだ多いと思います。

今回は野球肩、投球肩にフォーカスをあて病態の説明をしたいと思います。

概念…投球肩は投球動作時に肩の痛みや違和感を伴い思うようにボールが投げられない状態。
つまりは投球を障害する肩の病変の総称。
一般的には肩の使い過ぎ(over use)が発生要因とされています。
しかし、そこに至るまでに投球動作自体が身体全体で生み出したエネルギーをボールに伝達する運動のため
投球フォームの破綻や投球技術の不足によって肩に負担をかけてしまう誤使用も発生要因となります。

基本的には保存療法、つまりは手術せずにリハビリ中心で進める場合が90%で手術に至るケースは10%ほどしかいない。
ただし、本人も含め、親御さんや監督、コーチの理解力も大事になります。
当院では、少年少女のケガの場合は親御さんやご家族の方にも説明を行っています。
納得してもらったうえでの施術になりますので、ご理解のほどお願いします。

そしてpointをお伝えします。
整形外科医の診断の際は
・投球動作時の疼痛発生の有無
・疼痛、圧痛の部位
・障害の経過期間
・知覚障害
・肩においての轢音、捻髪音など触診時に感じる音
・肩関節不安定症
があります。

多いですよね。診断するまでに検査項目は非常に多いです。
野球をしていて肩が痛いからといってすぐに野球肩と診断するわけではありません。

接骨院では診断権がありませんが、上記のポイントを問診で聞き出し、かつ把握し
野球肩の疑いの場合は適切なリハビリ、時には肩関節専門医に紹介し指示をいただくようにしています。
年代の多くは小学生~高校生が多いですので先が長いです。また、野球が大好きで続けたいと思っている方がほとんどです。
真剣に野球に取り組んでいただきたいからこそ、専門医師の対診も含め対応しています!!

野球肩には多くの病変がありますのでここでは割愛しますが長い間、肩関節の痛みでお困りの方は長町南から近い
太白区緑ヶ丘の青い杜接骨はり灸院までお越しください(^-^)

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0021 宮城県仙台市太白区緑ヶ丘3-16-8
駐車場4台あり。最大5台駐車可能。駐輪場あり。
電話番号022-796-9436
予約予約優先制とさせていただきます
休診日水曜午前・土曜午後
日曜・祝日