TEL

Blog記事一覧 > ケガ > 足首の捻挫は侮れない!!鑑別が非常に大切です。足関節捻挫でお困りの方は青い杜接骨はり灸院までお越しください。

足首の捻挫は侮れない!!鑑別が非常に大切です。足関節捻挫でお困りの方は青い杜接骨はり灸院までお越しください。

2016.06.19 | Category: ケガ

本日も症例紹介です。

本日のテーマは【足関節捻挫】
中でも鑑別が必要な【第5中足骨骨折】を経験しました。

これは院長が整形外科勤務時代からドクターから耳にタコができるくらい鑑別が必要な疾患だと言われていました。

足首(足関節)の捻挫で一番多い損傷は前距腓靭帯の損傷です。
これは外くるぶしの前下方にある靭帯です。
ここの部分断裂が多く症状は内出血や腫れ、圧痛があります。
損傷の程度が大きくなると次に踵腓靭帯の損傷があります。
一般的な足関節捻挫はこの2つの靭帯の損傷の確認をしますが
タイトル通り鑑別が必要な大事な疾患が【第5中足骨骨折】です。

原因は短腓骨筋という筋肉が関係しています。
皮下出血の位置が骨折部と靭帯損傷部が近いため間違われることがしばしばあります。
しかし圧痛の場所や腫れる場所が違うためしっかりと鑑別ができれば問題なく判断できます。

その方は骨折疑いのため、信頼のおける整形外科専門医へ紹介し、やはり骨折の確定診断。
当院での施術の継続の許可をいただきました。
治療もリハビリも当院は最短で復帰できるようにスケジュールを組んでおります。
足首の捻挫、骨折のことでお困りの方や施術を希望の方は当院へお越しください。
場所は長町南駅、八木山動物公園駅から車で分、太白区緑ヶ丘の青い杜接骨はり灸院までご相談ください(^-^)

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0021 宮城県仙台市太白区緑ヶ丘3-16-8
駐車場4台あり。最大5台駐車可能。駐輪場あり。
電話番号022-796-9436
予約予約優先制とさせていただきます
休診日水曜午前・土曜午後
日曜・祝日