TEL

Blog記事一覧 > 交通事故、むち打ち > 自転車人口が多くなってきましたが自転車も軽車両扱いです。交通ルールを守り事故の発生には十分お気を付けください。

自転車人口が多くなってきましたが自転車も軽車両扱いです。交通ルールを守り事故の発生には十分お気を付けください。

2016.02.14 | Category: 交通事故、むち打ち

昨日、今日と気温も上がり心配された天気も雨も少なく絶好のお出かけ日和になりましたね(^-^)

やはり一昨日までに比べると

【自転車】や【歩行者】の数が多いようです。

もちろん、週末なので

【自動車】や【バイク】も増え、交通量が増加し春もすぐそこまで近づいてきたのかなという印象ですね。

今日は【自転車】についての扱いについて書きます。

自転車が関係する交通事故は全体に占める事故割合が約2割と高い値で推移しているそうです。

そのうち、加害者になる事故は15.8%(2012年)にも及んでいますので自動車同様に事前の備えが大切です。

現在、自転車にも専用の保険があるのをご存知でしょうか?

自転車に関係する事故において、さまざまな補償が担保されています。自動車と同じです。

対人や対物、自損事故などにも幅広く対応するだけでなく、弁護士費用特約が用意されるなど自転車に乗る際の安心を得ることができます。

タイトルにも書きましたが自転車は軽車両扱いです。もちろん違反すれば罰則対象にもなります。

交通安全をしっかり守り、整備をしっかりして安全に快適に走行するよう心がけましょう(^-^)

自転車における交通事故も被害者はもちろん、加害者も加入している保険内容によってはしっかりと治療費等の補償が受けられます。

自転車事故でケガをしてしまった場合は太白区緑ヶ丘の青い杜接骨はり灸院までご相談ください。

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0021 宮城県仙台市太白区緑ヶ丘3-16-8
駐車場4台あり。最大5台駐車可能。駐輪場あり。
電話番号022-796-9436
予約予約優先制とさせていただきます
休診日水曜午前・土曜午後
日曜・祝日