TEL

Blog記事一覧 > 交通事故、むち打ち > 雪道での運転はこんなことに注意が必要です。

雪道での運転はこんなことに注意が必要です。

2016.01.17 | Category: 交通事故、むち打ち

雪道運転での注意点を解説です。

1・発進時は急にはせずゆっくりと慎重に

オートマ車はクリープ現象を利用し、ある程度のスピードが出るまではエンジン回転数は抑えましょう!

2・急ブレーキは危険です

そもそも急ブレーキを使わなくていいように運転が必要です。

十分な車間距離をとり、ハンドル操作も轍にとられないよう慎重に運転してください。

3・カーブ手前は十分な減速

カーブは必ず遠心力が発生します。その遠心力は車の速度が速くなればなるほど強くなります。

冬道はタイヤと路面との摩擦が少なくなるのでカーブの外に飛び出しやすくなります。

4・下り坂

下り坂の途中で強くブレーキ踏むとスリップを起こします。

下り坂に入る前は適切なギアにし、上手にエンジンブレーキを活用しましょう。

5・上り坂

上り坂も同様に途中でシフトダウンしたり加速したりすると登れなくなります。

さらには車の尻振りを招きます。

6・尻振りスリップでのブレーキ

走行中に尻振りや横滑りが発生したらブレーキは禁物です。

アクセルを戻しハンドルを尻振りした方向に切ります。

これで車体を立て直し、急アクセルを踏まないよう徐々にエンジンの回転数を戻します。

など、雪道は通常の運転とは異なりますので交通事故を起こさないよう十分気をつけて走行しましょう(^-^)

しかしながら交通事故の発生は避けられないくらいだと思います。

交通事故によるケガは太白区緑ヶ丘の青い杜接骨はり灸院までご相談ください。

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0021 宮城県仙台市太白区緑ヶ丘3-16-8
駐車場4台あり。最大5台駐車可能。駐輪場あり。
電話番号022-796-9436
予約予約優先制とさせていただきます
休診日水曜午前・土曜午後
日曜・祝日