TEL

青い杜接骨はり灸院では鍼灸での保険適応疾患においては積極的に健康保険を使用しての施術をすすめています。

というのも、一般的に鍼灸での施術を受けようとした場合自費になるケースが多いと思いますが下記に示すように鍼灸での保険適応疾患であれば安価に受けられるため経済的です。

さらに回数を重ねて施術を受けられるため改善までのスピードが違うと感じているためです。

以下は厚労省からのページから引用したものです。

 

◎保険を使えるときはどんな時

主として

・神経痛

・リウマチ

・頸(けい)腕(わん)症候群

・五十肩

・腰痛症

・頸(けい)椎(つい)捻挫後遺症

等の慢性的な疼痛を主症とする疾患の治療を受けたときに保険の対象となります。

◎治療を受けるときの注意点

・治療を受けるにあたって、保険が使えるのは、あらかじめ医師の発行した同意書又は診断書が必要です。

詳しくは、はり・きゅう施術所などにお尋ねください。

・保険医療機関で同じ対象疾患の治療を受けている間は、はり・きゅう施術を受けても保険の対象にはなりませんので、ご注意ください。

 

鍼灸保険を使う場合は慢性疾患であること(急性の場合は柔道整復師が扱う保険の対象ですのでこの場合も当院での施術は可能です)や医師が発行した同意書(当院で書類等は準備します)などの要件がありますが難しいことはありません。

よく医師から同意書をとるのが難しいと言われていますが、当院で鍼灸保険を使用して施術を受けている方の実績としては

・整形外科医師7名(関節痛、神経痛、頚腕症候群、腰痛症、五十肩等)

・内科医師6名(腰痛症、頚腕症候群、神経痛等)

・脳外科医師2名(神経痛、五十肩等)

・膠原病専門医1名(リウマチ、腰痛症)

・産婦人科医師1名(腰痛症)

など多くの医師から施術の同意をいただいております。

また各クリニックの院長先生はじめ、日赤病院などの大きな病院の医師からも頂いております。

鍼灸を保険を使って施術を受けたい方がいらっしゃいましたら現在の症状が適応疾患かどうかまずはお問い合わせください。

 

またマッサージ保険も基本的には同様です。

◎保険を使えるのはどんな時

・筋麻痺や関節拘縮等であって、医療上マッサージを必要とする症例について施術を受けたときに保険の対象となります。

◎保険を使うときの注意点

・マッサージの施術を受けるにあたって、保険が使えるのは、あらかじめ医師の発行した同意書又は診断書が必要です。

詳しくはマッサージ施術所などにお尋ねください。

・単に疲労回復や慰安を目的としたものや、疾病予防のためのマッサージなどは保険の対象となりませんので、ご注意ください。

マッサージの場合もまずはご相談いただければと思います。 お気軽にご相談ください。

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0021 宮城県仙台市太白区緑ヶ丘3-16-8
駐車場4台あり。最大5台駐車可能。駐輪場あり。
電話番号022-796-9436
予約予約優先制とさせていただきます
休診日水曜午前・土曜午後
日曜・祝日