TEL

頭痛の鍼灸治療

太白区、長町南駅、八木山動物公園駅の青い杜接骨はり灸院で辛い頭痛も鍼灸治療で副作用なく改善に期待!!

毎日のように起こることも多い頭痛。日本では3000万人以上の方がいわゆる【頭痛持ち】だと言われています。
その要因は非常に多岐に渡るので、時として重大疾病に対する警告であることも否めません。
それでも、頭痛は健康な人に生理現象の1つとして普通に現れることも多く、この場合は長期間の日常生活によって歪められた筋肉、骨格や顎関節に原因があることも考えられます。
太白区、長町南駅、八木山動物公園駅の青い杜接骨はり灸院では患者様の健康状態、日常生活の環境、仕事歴、ストレス状態をよく見極め、鍼灸施術にて頭痛を徹底的に根本的に改善していきます。

ここでは頭痛の代表例、『片頭痛』『緊張型頭痛』について説明してみます。

『片頭痛』とは何らかの理由で脳の血管が急激に拡張して起きる頭痛です。
脳の血管が拡張することで、特に三叉神経を刺激し、刺激で発生する炎症物質がさらに血管を拡張して片頭痛を発症すると考えられています。
仕事のない週末や休日に発症しやすい片頭痛ですが、これはストレスから解放されたときに急に血管が拡張することがあるためです。
また光や音などの大きな刺激も一つの要因と考えられています。
症状では肩こりが出ることもあり、こめかみから目のあたりがズキンズキンと心臓の拍動に合わせるように痛みます。
頭の片側だけに限らず両側が痛むこともあります。
そして、その特徴は体を動かして頭の位置を変えると痛みが強くなります。また頭痛以外の吐き気、嘔吐などの随伴症状があり、光、音、におい、気圧や温度の変化に対し敏感になることも特徴です。

一方、『緊張型頭痛』は頭の筋肉や、頭皮の緊張、首回りの筋肉が緊張することで起きます。
筋肉の緊張で血流が悪くなった結果、その周囲の神経が刺激されて起きる頭痛です。
精神的、身体的ストレスが原因であることが多く、デスクワークなどで長時間同じ姿勢をとり続けている人に起こりやすいです。
なので、午後から夕方にかけて、目の疲れや倦怠感などとともに痛みが現れやすいのが特徴です。
首周囲の骨格が歪む(例えばストレートネックの指摘等)ことによって、肩や首にかけての血管が圧迫されますので頭へ通じる血行が悪くなります。本来酸素などを供給している血液ですが、それができなくなることで痛みの原因である成分も血液によって発散されなくなるでしょう。

そのため、健康的な状態で慢性的な頭痛に悩まされるようになりますと自律神経の調整、顎関節の調整が大変有効なのです。
太白区、長町南駅、八木山動物公園駅の青い杜接骨はり灸院は、これらに対し鍼灸でのアプローチを行い日常生活における頭痛の解消を目指しています。

太白区、長町南駅、八木山動物公園駅の青い杜接骨はり灸院では患者様の痛みが取れた後でも、それを生活の中で維持して行くための健康的なアドバイスもさせていただきます。
効果的な回数としては症状の強い施術開始当初は1週間に1回をおすすめします。

その後症状の改善が見られましたら10日に1回、2週間に1回と間隔を広げて本来の日常生活へ戻る算段をとっていきます。
2~3週間に1回程度の施術で維持ができればベストだと考えています。

単なる頭痛、されど頭痛、慢性的な頭痛でお困りの方は青い杜接骨はり灸院にお越しください。

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0021 宮城県仙台市太白区緑ヶ丘3-16-8
駐車場4台あり。最大5台駐車可能。駐輪場あり。
電話番号022-796-9436
予約予約優先制とさせていただきます
休診日水曜午前・土曜午後
日曜・祝日