TEL

坐骨神経痛、肋間神経痛、後頭神経痛などの神経痛の治療について

坐骨神経痛や肋間神経痛、後頭神経痛など神経痛には様々な疾患や症状があります。神経痛の根本治療をお望みの方は太白区、長町南駅、八木山動物公園駅の青い杜接骨はり灸院で鍼灸治療を試してみませんか

坐骨神経痛

 

ここ20年でインターネットが普及したことによって、ビジネスパーソンに限らず学生、主婦の方もパソコンを使うことが極めて一般的となりました。
そんな中で、多くの方がデスクワークに従事するようになり、また営業職などで車の長時間の運転など長時間椅子に座って作業をすることも珍しくなくなっています。
このような体勢で仕事を続けて行きますと、下半身の痛みやしびれなどが継続的に発生する場合があります。
この代表的なものが【坐骨神経痛】になります。

【坐骨神経痛】とは様々な原因により坐骨神経が刺激されることで痛みやしびれなどの症状が出現すること。病名ではなくあくまで症状になります。
原因としては
・脊椎(背骨)の変形などが起因の神経根の圧迫
・椎間板ヘルニア
・腰部脊柱管狭窄症
・梨状筋症候群

などが考えられます。

 

肋間神経痛

 

姿勢を変えたときや呼吸するとき、物を持ち上げるときなど肋骨(胸郭)の運動が伴うときに肋骨に沿って痛みが出る方もいらっしゃいます。
この肋骨に沿った痛み、表現としては「ピリピリする痛み」と表現する方が多いです。
これが【肋間神経痛】ということが多いです。
また帯状疱疹という疾患を聞いたことがある方も多いかと思います。
【肋間神経痛】は帯状疱疹ウイルスが原因の場合も多く、過去に口唇ヘルペスや帯状疱疹の既往がある方は再発しやすいのも特徴です。

 

後頭神経痛

 

一般的に頭痛がするといった場合は頭痛のページを見てもらえればわかるように片頭痛や緊張性頭痛、内科的要素が関係するケースがほとんどです。
しかしながらその他にも接骨院、鍼灸院でよく見かける頭痛を引き起こす疾患があります。
それが【後頭神経痛】です。
【後頭神経痛】とは大後頭神経、小後頭神経、大耳介神経からなる3種類の神経痛がありそれぞれ痛みの出る場所が違います。
頭頂部や後頭部、耳の後ろで一瞬電気が走るような痛みを繰り返しチクチクやズキズキといった痛みがあります。
原因としては
・猫背などの姿勢
・頸椎の変形
・同じ姿勢
・肩こり
・精神的ストレス(自律神経障害)

などが考えられます。

太白区、長町南駅、八木山動物公園駅の青い杜接骨はり灸院ではこういった神経痛に対しても鍼灸治療や特殊電気使用による抜本治療を行っています。
平日以外にも土曜日は13時まで治療をご提供しています。
お仕事で忙しい方も19時半までの受付すのでご来院しやすくなっていますのでぜひお気軽にご予約ください。

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0021 宮城県仙台市太白区緑ヶ丘3-16-8
駐車場4台あり。最大5台駐車可能。駐輪場あり。
電話番号022-796-9436
予約予約優先制とさせていただきます
休診日水曜午前・土曜午後
日曜・祝日