TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 2016 12月の記事一覧

2016年も青い杜接骨はり灸院にご愛顧いただきましてありがとうございました。年末年始休暇は31日から1月4日です。思いがけないケガや交通事故には十分お気を付けください。

2016.12.31 | Category: 交通事故,接骨院、整骨院,美容鍼灸,鍼灸

2016年も残すところあと1日となりました。
青い杜接骨はり灸院は昨日30日で2016年の営業を終了しました。
31日~1月4日まで休みとなりますが
メールでのお問い合わせは24時間承っております。
・ホームページ内のお問い合わせ
・エキテン内のメールでお問い合わせ
どちらかでお問い合わせいただければ対応いたします。
返信にはお時間をいただく場合もあります。

12月はぎっくり腰と交通事故の患者様がいつになく多かった一カ月でした。

ぎっくり腰が多い要因としては
・急激な気温差により関節や筋肉の柔軟性の低下
・年末の準備により立ち仕事やいつもより負荷の大きい動作が多い
・大掃除などで身体を捻る動作が多い
・灯油缶などの重量物を持つ機会が多い
などがあります。

また、交通事故も増加します。
・交通量の増加
・それによる渋滞
・師走のためかゆとり運転の低下
・朝や夜の気温低下による道路の凍結
・それによるスリップ
・イライラやよそみ運転
・夕方の無灯火
などです。

年末年始で、ぎっくり腰や交通事故に遭った場合は
青い杜接骨はり灸院までメールでお問い合わせください。
その後の対応やセルフケアの指導ができる場合があります。
もちろん、実際に症状を診ないとなんとも言えない場合もあります。
可能な場合は診させていただきます。

それでは皆様、よいお年をお迎えください☆
一年間ありがとうございました!!

前回の投稿でお伝えした坐骨神経痛の症例。本日専門医から画像付きで返信が来ました。判断は間違っていなくやはり腰椎椎間板ヘルニアで保存的治療の選択となりました。

2016.12.28 | Category: 接骨院、整骨院,症例紹介,鍼灸

前回お伝えした【坐骨神経痛】の症例。
強烈な痛みのために当院から太白区南大野田の松本不二夫整形外科へ紹介した患者様ですが
やはり【腰椎椎間板ヘルニア】でした。
それも、巨大ヘルニアと呼ばれるもので同封してあった画像からも大きなヘルニアが確認されました。

一般的に【椎間板ヘルニア】は知名度が高く
・中学生や高校生の部活動を頑張っている生徒さん
・働き盛りの男性
・主婦
など、様々な方に発症する疾患です。
代表的な症状では腰痛と脚全体の痛みやしびれです。
この脚全体の痛みやしびれは神経ルートが決まっているため
その症状の出方によってはある程度障害されている神経(責任神経)が判断できます。
また、脚全体の痛みやしびれがあるからといって
ヘルニアと判断するのは時期尚早です。
他にも同様の症状を呈する疾患が多くあり
また、ぎっくり腰でも起こりえます。
その判断をして施術や紹介を決め、いち早く患者様の日常生活レベルを戻すのが
青い杜接骨はり灸院でのお仕事の一つです。

そのためには信頼できる専門医との連携も大事になります。
当院では数人の整形外科専門医との連携を図っていますが
今回、脊椎専門医の中でも権威である南大野田の『松本不二夫整形外科』松本不二夫医師への対診を行いました。
松本不二夫医師とは院長が小牛田の整形外科勤務時代よりお世話になっている医師です。
南大野田に開業してからも外来の患者様が外まで溢れかえっているくらい評判の医師ですので
それも含め安心して青い杜接骨はり灸院へお越しください。

年内は30日午前まで診療しています。
予約は埋まっている状況ですがキャンセルが出るかもしれません。
急に痛みが出た方や久々の休みでメンテナンスをしたい方は一度お電話をいただければ助かります。

坐骨神経痛でお困りの方が多く見られています。神経痛には鍼治療が効果に期待できますが、緊急性が高い場合や症状が強い場合は脊椎専門医師への紹介しますので安心して青い杜接骨はり灸院までご相談ください。

2016.12.25 | Category: 接骨院、整骨院,症例紹介,鍼灸

昨日の症例です。
先日、重量物を持った瞬間に腰痛と足全体の痛みを発症し他院にかかるも症状に改善なく
当院へ来院。
上記症状を確認し所見をとると腰椎椎間板ヘルニアの疑いです。
脚全体の痛みはいわゆる【坐骨神経痛】と判断し症状が強いため脊椎専門医師への紹介となりました。

症状が強くない場合や慢性化している場合などは当院での施術ももちろん可能です。
神経痛の改善に期待できる微弱電流や特殊電気療法、また鍼での施術も効果に期待できます。
特に微弱電流と鍼施術の併用が一番改善スピードが早いです。
しかしながら、内服やブロック注射を行う必要がある場合もあるのも事実です。

【坐骨神経痛】は脚への放散痛の場所によりある程度障害されている神経の特定ができます。
もちろん、確定診断には【MRI検査】が必須になります。
また、専門医師の今後の判断を仰ぐことが必要になる場合もあります。
青い杜接骨はり灸院では、患者様のこと、日常生活へ支障の出る痛みの除去を第一に考え
当院で施術できる場合は行いますが専門の判断が必要の場合や緊急性の高い場合は
紹介する場合があることをご理解お願いいたします。

当院では信頼できる脊椎専門医師との連携も行っています。
紹介実績も多くあり、専門医師から当院での施術依頼も多く来ています。
・これは坐骨神経痛かな、わからないけどまずは診てもらいたい。
・坐骨神経痛の診断を受けたけどなかなか症状が改善しなくて困っている。
・他の整骨院にかかっているけど症状の変化がなく転院も考えている。
等、お困りの方は青い杜接骨はり灸院までご相談ください。

年末は30日(金)午前まで、年始は5日(木)より開始です。
今年の痛みは今年のうちに手を打ちましょう!!

強風時は自動車が煽られ運転に支障が出ます。また落下物や飛ばされてくる物で視界不良や思わぬ事故につながる場合もあります。交通事故に遭った場合は青い杜接骨はり灸院にご相談ください。

2016.12.23 | Category: 交通事故,任意保険,接骨院、整骨院,症例紹介,自賠責保険,鍼灸

昨日から今日にかけては強風でしたね。
至るところでサイレンが鳴っていましたが皆さんの地域は大丈夫でしたか?
新潟県糸魚川市では大規模火災が発生しました。
幸いにも死者は出ていない模様ですが家屋の損傷など被害に遭われた方々にはお見舞い申し上げます。

さて、強風時は火災もそうですが交通事故が発生します。
理由としては
・車が煽られハンドル操作が危ぶまれる
・減速する車が多くなるため交通量の増加や渋滞の発生
・落下物などにより視界が突然遮られる、進行方向に対しての落下物で急ブレーキや急な車線変更
・強風により飛ばされてきたものに驚き、もしくは避けようとし急なハンドル操作
などが考えられます。

交通事故は追突だけで発生するわけでなく
いつ、どこでも、どのような状況でも発生します。
もちろん相手がいない場合は自賠責保険からの範囲からは外れますが
自分が加入している任意保険から補償される場合もあります。
いかなる場合でも交通事故に遭った場合に
どのように対応していいかわからない場合でも
太白区緑ヶ丘の青い杜接骨はり灸院までご相談ください。

年末年始にかけての交通事故の場合でも
当院ホームページよりメールでお問い合わせをいただければお答えします。
その際は氏名、連絡先電話番号、同乗者の有無、事故発生状況の詳細をお知らせください。

本日はランナーの膝の故障についてです。ランナーで圧倒的に多いのがランナー膝ですが他にも多くの膝の疾患が隠れています。青い杜接骨はり灸院では問診の時間を多くとり的確に判断を行います。

2016.12.21 | Category: 接骨院、整骨院,症例紹介,鍼灸,雑談

本日はランナーに多いひざの故障について書いてみたいと思います。
一般的にランナーで多いひざの故障と言えば
【ランナー膝】を思い浮かべるかち思います。
しかし、実際にはこの他にも【ジャンパー膝】や【タナ障害】などがあり
変形性関節症に起因した【半月板損傷】などもありえます。
このように走っていて痛みが起きた場合でも多くの疾患が隠れており
それらを判断する際にはしっかりとした問診や理学所見が大事になります。

今回は各々の疾患についての解説は割愛して
青い杜接骨はり灸院が大事にしている問診の重要性について解説します。

まずはどの疾患を除外するかを判断していきます。
いわゆる消去法です。
最初からこれだ!!と判断することは危険です。
ランナー歴や直近の体重の増加の有無、受傷当時の膝の位置や走行していた道路の形状など
様々な要素から判断していきます。
次に圧痛点(押して痛い場所)、腫れの有無、どのポジションが一番辛いか、膝の動きなども確認する必要があります。
これらから判断していきます。
この判断が大きく間違ってしまうと施術の有効性がなくなります。

(ちなみに柔道整復師には診断権はありません。疾患を断定することはできません。診断権は医師だけに与えられた権利です。しかしながら柔道整復師も外傷を扱う者としてこの判断を間違うと施術の有用性、有効性がありませんし患者様にとって不利益になります。時間やお金の損失につながりますからね…そういった意味でも緊急性があったり柔道整復師の範囲を超えている場合は早急に専門医師への紹介を行うことも多々あります。青い杜接骨はり灸院では提携している信頼できる医師が数名おりますのでその際でも安心してください。)

話がそれましたが^^;
ランナーの膝の故障と言えど多くの疾患があります。
青い杜接骨はり灸院では国内トップ選手、プロ選手、国体出場選手、一般ランナーなど多くのスポーツ選手も来院されています。
院長自身もマラソンを走っていました。(ベストタイムも遅いですし最近では走っていませんが…)
多くのスポーツの特性を理解していますのでスポーツでのケガやなかなか治らないケガ、他院で治療中でも思うように効果を感じていない方がいらっしゃいましたら太白区緑ヶ丘の青い杜接骨はり灸院までまずはご相談ください。
鍼や矯正などその人に合わせた治療法を提供いたします(^-^)

本日は急性腰痛、いわゆるぎっくり腰の方が多く見られました!!寒くなってきたのでぎっくり腰や寝違えにご注意!!お困りの際はまずは青い杜接骨はり灸院へご連絡ください。

2016.12.19 | Category: 接骨院、整骨院,症例紹介,鍼灸

本日はぎっくり腰の急患や既存の方でも何人か見られました。
ぎっくり腰になった原因は人それぞれですが
共通点はその前日や当日、なった瞬間に『冷えていた』や『寒い環境』というのがあります。

もちろんこれらは一つのきっかけにしかならず
発症の原因は別にありますがベースにあるのがお身体の冷えです。
身体が冷えると
・関節の柔軟性が低下
・筋肉の柔軟性も低下
・血流の滞り
などがあります。
さらにぎっくり腰のほかに寝違えやケガのリスクが高くなります。

青い杜接骨はり灸院では急性症状の場合は
マッサージや関節運動は行いません。
特殊電気を使用し深部に対して刺激を加えまずは血流の改善を促します。
血流が良くなるとそれだけで自然治癒力を高めることができます。
さらに鍼治療を時に行うことにより早期の回復を期待できます。

青い杜接骨はり灸院では毎月20名~30名ほどのぎっくり腰、寝違えの方がみられます。
多くは1回から5回の施術、期間にして1日~2週間ほどで症状が消失します。
さらに症状消失後のお身体の維持で『骨盤矯正』や『全身鍼治療』に移行する方が多いのが特徴です。
治るだけで満足することなくそのプラスの状態を維持する方が多いです!

治療も含め慢性的な症状などでお困りの方も
青い杜接骨はり灸院までご相談ください。

肩の損傷で多く見られる腱板損傷。急性症状、慢性症状それぞれで特徴があり施術方法も期間も大きく変わります!肩の痛みでお困りの方は青い杜接骨はり灸院までお越しください。

2016.12.17 | Category: 接骨院、整骨院,症例紹介,鍼灸

本日の新患さんの症例ですが私の判断は【腱板損傷の疑い】でした。

以前も肩の腱板断裂のことをブログで書きましたが
よく間違われるのが五十肩です。
骨折や脱臼ならわかりそうなものですが五十肩との判断は難しいです。

ただ、はっきりとした所見の違いが出ます。
それを見極めることで判断ができ、さらに施術方法や日常生活の指導、自宅でのセルフ訓練に違いが出てきます!!
書いていくのはなかなか大変ですので割愛しますが
肩の損傷でお困りの方、整形外科単独を含み他院での施術で症状の改善がない方は
太白区緑ヶ丘の青い杜接骨はり灸院までお越しください。
当院院長は整形外科勤務が長く医師とともに仕事をしてきました。
また、肩関節専門医とも仕事を行い術後のリハビリや損傷直後のリハビリ、リハビリスケジュールなども
関わってきましたので多くの経験と施術実績があります。
安心して青い杜接骨はり灸院までお越しください。

青い杜接骨はり灸院では鍼灸治療も行っています。
鍼での除痛効果を促しそのうえで可動域訓練を行うことで施術期間の短縮に期待できます。
鍼施術希望の方もお気軽にご相談ください。
当院では太白区以外にも若林区や宮城野区、泉区、名取市や岩沼市など
遠方からの来院も多いです。
肩の施術をご希望の方は022-796-9436までご連絡ください(^-^)

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0021 宮城県仙台市太白区緑ヶ丘3-16-8
駐車場4台あり。最大5台駐車可能。駐輪場あり。
電話番号022-796-9436
予約予約優先制とさせていただきます
休診日水曜午前・土曜午後
日曜・祝日