TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 症例紹介の記事一覧

インナーマッスルとは何か?よく聞くのが野球選手などの肩関節ですが身体の中心である股関節のインナーマッスルも大事です。

2017.01.29 | Category: 接骨院、整骨院,症例紹介,雑談

【インナーマッスル】
これは野球選手が、特に投手においてはチューブトレーニングなどで強化、可動域の拡大を図ることを目的とした
筋肉群です。
実際にはインナーマッスルという筋肉はありません。
肩関節においては【棘上筋】【棘下筋】【小円筋】【肩甲下筋】の4つを指します。
これらが肩関節を構成している中で大事な筋肉ですが
今回のテーマは股関節です。
股関節においては姿勢の維持(腰が丸くならない)や歩幅の大きさ(股関節の柔軟性)などに関係してきます。
股関節では【腸腰筋】という筋肉が大事になります。
また、腹部では【腹横筋】がこれに当たります。
これらを鍛えるには当院にあるインナーマッスル強化機器が便利です!
寝ているだけで30分刺激し続けます。
実際はかなりの刺激なので寝れませんが、横になっているだけで強化できます。
筋肉を強くするには週に2回、3カ月継続が必要になりますが
運動している方では週に1回でも刺激するだけで違います。
マラソンや水泳、サッカーなど体幹が大事になる競技をやっている方や
運動不足で姿勢が悪くなってきた方など
様々な方にご提供できるものとなっています。

初回体験は1080円で体験できます。
実際に体験すればその凄さがわかりますので
体験したい方は青い杜接骨はり灸院までお問い合わせください。
電話でもホームページ、エキテンからのメールお問い合わせでも可能です!

逆子でお困りの方はいませんか?最近は逆子治療をご希望の方が多くなってきました。逆子治療は早めのほうが断然いいですよ!迷ったら青い杜接骨はり灸院までお越しください。

2017.01.26 | Category: 接骨院、整骨院,症例紹介,鍼灸

逆子でお困りの方、お悩みの方が多いです。
私の娘も逆子でなかなか治らずでしたが、妻の副院長は毎日体操とセルフ灸でなんの焦りもなく
しっかりと治しました^^;
これは鍼灸師だからこそですが…
逆子は28週(7カ月)頃でもそのままの場合は病院から体操や散歩、運動頑張ってくださいねと言われると思いますが
やはりこの頃からお灸による逆子治療を始めるタイミングでもあります。
34週(8か月半)を過ぎると極端に逆子が治る確率が下がります。
これは子供の成長に伴い、相対的に子宮内での占有率が高くなりなかなか回転しづらくなるからです。
28週を過ぎても逆子が治らない方、28週を過ぎているのにどうしようかお悩みの方は
ぜひ青い杜接骨はり灸院へご相談ください!
副院長の体験談を聞きながらお灸治療をしましょう!

青い杜接骨はり灸院では産後のお身体の調整も鍼灸で行っています。
他には産後骨盤矯正やEMSによるインナーマッスルの引き締めも行います。
産前、産後の治療や調整をご希望の方は
仙台市太白区緑ヶ丘の青い杜接骨はり灸院までご相談ください。
お問い合わせは022-796-9436
ホームページ内やエキテンでもメールによるお問い合わせも24時間承っておりますので
そちらからも可能です。

朝から雪が降り続いていますが気温低下もあり道路が凍結しています。雪かきによるぎっくり腰、自動車や自転車のスリップ、歩道での転倒など交通事故やケガには十分お気を付けください。

2017.01.24 | Category: 交通事故,任意保険,接骨院、整骨院,症例紹介,自賠責保険,鍼灸

今日は朝から雪が降り続いてすっかり冬らしくなりましたね。
青い杜接骨はり灸院がある太白区緑ヶ丘もすっかり雪景色です。
こんな日は間違いなく予約変更、キャンセルの連続になります^^;
午前中から電話が鳴り続け、明日以降へほとんどの方が変更になりました!
こんな日は転倒のケガ、雪かきによるぎっくり腰、交通事故によるむち打ち…
などケガが増える傾向にあります。

転倒によるケガではやはり凍結している道路や歩道、踏み固められたバス停周辺などが特に危険です。
緑ヶ丘では高齢者の割合が高いため、多いのが背骨や手首、股関節など骨粗鬆症がベースにある骨折です。
次が足首を捻ってしまういわゆる捻挫の状態。
重症度によってはギプス固定も必要になってしまいます。

次がぎっくり腰。
雪に水分が多く含まれていると繰り返しの雪かき動作で腰への負担が大きくなります。
なおさら、寒さの中でやるので筋肉や関節が固まってしまいダメージが大きくなります。

そして交通事故によるむち打ちや腰痛、関節の痛みです。
これは毎回言っていますがやはり凍結した道路でのスリップやノロノロ運転。
これらは普段と違う道路状況や車が進まない(渋滞などで)イライラ、時間に間に合わない焦りなどが関係してきます。
雪道、冬道の運転は
【1割のスピードダウン、2倍の車間距離、3分早めの出発】です。
3分早め程度では遅すぎますがそれくらい時間に余裕を持たせて行動しましょうという意味合いだと思います。

交通事故やケガは突如としてやってきますので
普段から十分気をつけましょう。
万が一、交通事故やケガをしてしまった場合は迷わず仙台市太白区緑ヶ丘の青い杜接骨はり灸院へご連絡ください。

産後うつでの鍼灸治療に好評をいただいております。産後の骨盤矯正もやっておりますが産後うつでお困りの方も青い杜接骨はり灸院で鍼灸治療をしてみませんか?

2017.01.23 | Category: 接骨院、整骨院,症例紹介,鍼灸

産後でよく聞く施術が【産後骨盤矯正】
出産時もしくは産後に開いてしまった骨盤を本来の骨盤の位置まで戻すことをいいます。
症状としては
・体重が減らない
・体重が戻らない
この2つは妊娠前の状態に骨盤が戻らないと骨盤周辺の血流が悪くなり脂肪の燃焼がうまくいかなくなってしまうためです。
・腰痛
・肩こり
この2つはお身体の中心である骨盤の支持層が不十分なため子供の抱っこや長時間の同じ姿勢などで負荷がかかり続けることでおこります。
・尿漏れ
これは経膣分娩により尿漏れにかかわる骨盤底筋が伸ばされダメージを受けてしまうことが原因です。
・むくみ
・冷え性
この2つはやはり血流循環の悪さが原因です。

これらを回避するには産後6カ月が重要期間になります。
青い杜接骨はり灸院では産後2カ月から産後骨盤矯正を受けています。本日も一人骨盤矯正を開始しました。
早いところでは産後2週間や1か月で始める方もいますが
その頃は悪露が出るなど出産の影響がお身体に残っています。
その方の体調やお身体の状態により産後2カ月前から始める場合もありますので
産後骨盤矯正を希望の方は青い杜接骨はり灸院までご相談ください。

また、産後の施術としてもう一つ。それは【産後うつ】に対しての鍼灸治療です。
産後は日々の授乳やおむつ替え、寝かしつけ、家事などやることがたくさんになる上に
睡眠時間が一気に減ります。
そのような状態が続くといわゆる自律神経が乱れた状態となり交感神経が異常なまでに興奮状態となります。
症状としては
・疲労
・気分が落ち込む
・イライラ
・欲がなくなる
・過食や拒食
・赤ちゃんのお世話を苦痛に感じる
・頭痛や吐き気
・下痢や便秘
・胃痛
など書ききれないほど様々な症状が当てはまります。
これらの場合に治療法の選択肢の一つとして鍼灸治療があります。
青い杜接骨はり灸院にも産後うつの方の鍼灸治療実績が数多くあります。
出産経験のある副院長と色々子育てのお話をしながらリラックスして施術を受けてみませんか?
それだけでも自律神経症状の改善に期待ができます。
産後うつの症状でお困りの方、ご家族で症状に心当たりのある方は
青い杜接骨はり灸院へご相談ください。

年末から1月にかけて首の神経症状で来院される患者様が増えております。当院では神経症状に効果の期待できる特殊電気治療や症状の強い方には脊椎専門医の紹介も行いますので安心して青い杜接骨はり灸院へお越しください。

2017.01.22 | Category: 交通事故,接骨院、整骨院,症例紹介,鍼灸

この季節のせいか、寒さや冷えの状況が一つの要因として考えられる首の痛み。
首だけでおさまっているならば、それは寝違えや肩こりなどが考えられますが
腕にかけて痛みやしびれが同時に出ている場合は
【首の神経症状】【頸椎神経根症】が考えられます。
両手や両足に同時に症状が出ている場合は脊髄の症状ですが
通常はどちらかに現れます。
そして神経の通り道は決まっていますのでその症状の出ているルートにより
責任神経、障害している神経の予測は可能です。
症状の程度が強い場合は脊椎専門医への紹介も可能です。

また、腰椎椎間板ヘルニアなどの神経症状も含め
神経に対しての施術も青い杜接骨はり灸院では得意としています。
通常、神経症状の場合は保存療法(手術をしないで内服や湿布などで痛みを抑えリハビリを並行して行うこと)では
6カ月ほどで症状の緩和を目指します。
青い杜接骨はり灸院では1~2カ月ほどで症状の緩和、消失が目指せます。
通常より半分以下での施術期間で終わるのが特徴です。
それには特殊電気を使用しての施術法や鍼灸を併用しての施術ができるからです。
これらは交通事故後のむち打ちやぎっくり腰などにも対応できます。

各々の神経症状や首の痛みなどでお困りの際は太白区緑ヶ丘の青い杜接骨はり灸院までご相談ください!

鍼灸の全身治療、調整、メンテナンスを希望する患者様が多くなってきました。自費にはなりますが、効果が高くリピーターが多いのが特徴です。

2017.01.18 | Category: 接骨院、整骨院,症例紹介,美容鍼灸,鍼灸

鍼灸と言えば『痛い』や『怖い』というイメージの方が多いと思いますが
実際に使用する鍼は髪の毛より細く、日本製の鍼を使用し安全性にも留意して施術にあたっております。
昨年ごろより全身の治療、調整、メンテナンスを希望する患者様が多くなり
今年に入ってからもほぼ毎日いらっしゃいます。
特に土曜日は3名前後の方が毎週予約が入っている状況となってきました。
自費治療にはなりますが、そちらのほうが長期的に見たときの金額的な負担が少なくなるのも
一つあるようです。
(健康保険使用での施術にはもともと制約がある点、鍼灸希望の方は健康保険使用できない疾患が多い点などが背景にはあります。
長期的には1~3週間ごとの施術でお身体の状態によりその後3~4週間ごとのメンテナンスに切り替えていきます。)

鍼灸の適応症はとても多く青い杜接骨はり灸院で多く見られるものとしては
・自律神経障害
・神経痛
・肩こり
・慢性腰痛
・美容鍼灸
・不妊治療
・逆子治療
・帯状疱疹
・冷え性
これらが多いです。時にはリウマチや難病もあります。

鍼灸希望の方、鍼灸で今抱えている症状が良くなるか相談してみたい方、慢性的な痛みにお悩みの方、
逆子を治したい方、美容鍼灸を体験してみたい方など
鍼灸での施術を希望の方はお気軽に022-796-9436までお問い合わせください。

凍結した道路ではスピードの出しすぎに要注意。スリップや急ブレーキによるハンドル操作の誤りなどがあり交通事故の危険性が高まります。交通事故によるむち打ちや腰の痛み、関節の痛みがあるときはまずは青い杜接骨はり灸院へご相談ください。

2017.01.15 | Category: 交通事故,任意保険,接骨院、整骨院,症例紹介,自賠責保険,鍼灸

昨日の夜からの降雪で3日連続で夜と朝方は道路が凍結していますね。
日中は陽が出るおかげでだいぶきれいに溶けていますが
気温が低下するとまた凍結してしまいます。

道路が凍結した際はやはり交通事故の発生に注意が必要です。
積雪時は誰もが気にしますがブラックアイスバーンと呼ばれる、いわゆる雪がないのに道路が凍結している状況もありえます。
この時は運転して、もしくはブレーキを踏んで初めてわかる場合もあります。
凍結しているときは、やはりスリップの危険性やハンドル操作の誤りなど交通事故の発生が極端に上がります。
この場合は加害者の場合でもむち打ち症や腰痛、関節の痛みなど交通事故によるケガが発生します。いあみ
ハンドル操作の誤りの場合は真後ろからの追突より側面や斜め方向からの追突が増えます。
その場合は通常のむち打ちより痛みの出る場所が典型的な部位からはずれてきます。
治療も一般的な施術をしても良くなるまでは時間がかかります。

青い杜接骨はり灸院では問診の時間を多くとり
・追突の方向(加害者、過失割合の高い場合でもしっかりと聞いていきます)
・追突時のお身体や首の位置(例えば赤信号で停車中の場合は助手席を向いていたり、後部座席に座っている場合はまっすぐ向いている場合は少ないのでその状況によりむち打ちと言えど痛みの場所は大きく変わります。)
など詳細に聴取し確実な施術を行います。
それにより、最短で復帰するお手伝いをさせていただいております。
交通事故によるむち打ちや腰の痛み、関節の痛みがある場合はまずは青い杜接骨はり灸院へご相談ください。
最近は、他院で治療を受けていたが症状の改善がみられずに当院へ転院希望の方が多いです。
この場合でも当院での施術は受けられます。保険会社さんへ一度ご相談し青い杜接骨はり灸院で施術を受けたい旨をお伝えください。

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0021 宮城県仙台市太白区緑ヶ丘3-16-8
駐車場4台あり。最大5台駐車可能。駐輪場あり。
電話番号022-796-9436
予約予約優先制とさせていただきます
休診日水曜午前・土曜午後
日曜・祝日