TEL

Blog記事一覧 > 交通事故,任意保険,接骨院、整骨院,症例紹介,自賠責保険,鍼灸 > 5月は交通事故特に追突事故による被害者が多い月でした。6月は梅雨に入り雨などでの視界不良のため交通事故の発生が多くなります。むち打ち治療はお早めに青い杜接骨はり灸院までご相談ください。

5月は交通事故特に追突事故による被害者が多い月でした。6月は梅雨に入り雨などでの視界不良のため交通事故の発生が多くなります。むち打ち治療はお早めに青い杜接骨はり灸院までご相談ください。

2017.06.01 | Category: 交通事故,任意保険,接骨院、整骨院,症例紹介,自賠責保険,鍼灸

今年も早くも6月に入り1年の半分が終わろうとしています。
青い杜接骨はり灸院も移転から2カ月が経過し、おかげさまで連日予約枠が埋まる日もあり
枠の確保が難しい日が出てきたりお断りする日がでてしまいました。
時間帯や曜日によってはまだまだ空いてる枠は多々あります。
ご迷惑をおかけしておりますがご理解、御協力のほどよろしくお願いいたします。

さて、5月はいつになく交通事故によるケガ、とりわけ追突事故による被害者が多く来院されました。
追突による損傷で1番多いのがやはり首の損傷です。一般的にはむち打ちと呼ばれるものです。
むち打ちは痛みの程度や症状の出方で4つに分類されます。
最も多いのが頸椎捻挫型とよばれる首周囲の筋肉の損傷です。
画像検査(単純レントゲンやMRI)での異常所見がないものの痛みや重苦感を感じるものがほとんどです。
他には、神経根型や脊髄型とよばれる神経損傷を伴うむち打ちや
身体のだるさや脱力感など不定愁訴を伴う交感神経型があります。
5がつはこの交感神経型のむち打ちが多かったです。
この場合は一般的な電気や手技での治療では改善が難しく、当院では鍼灸治療をおすすめしています。
これにより劇的に改善する傾向があります。
ただし、最近の保険会社の傾向としては鍼灸治療は医師の同意が必要と言われるケースが多くなってきました。
その場合は医師から同意書をいただけば問題ないです。
青い杜接骨はり灸院では多くの専門医師との連携を図っていることから、同意書の獲得は比較的スムースに行えます。
他院で治療中だが、なかなか症状の改善が見られない方や、画像では所見がないのに痛みや重苦感、だるさなどが取れない方は
交感神経型のむち打ちにあてはまるかもしれません。
その場合は青い杜接骨はり灸院で鍼灸治療を試してみてもいいかもしれません。
ご相談だけでもお気軽に当院へお電話、または24時間受付のメールでのお問い合わせをしてください。
長々と悩むよりはしっかりと根本的に施術sさせていただきます。

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0021 宮城県仙台市太白区緑ヶ丘3-16-8
駐車場4台あり。最大5台駐車可能。駐輪場あり。
電話番号022-796-9436
予約予約優先制とさせていただきます
休診日水曜午前・土曜午後
日曜・祝日