TEL

Blog記事一覧 > 接骨院、整骨院,症例紹介,鍼灸 > 仕事中のケガは労災扱いです。健康保険では治療ができません。青い杜接骨はり灸院では労災治療も行っています。本日も一人受診されました。

仕事中のケガは労災扱いです。健康保険では治療ができません。青い杜接骨はり灸院では労災治療も行っています。本日も一人受診されました。

2017.02.15 | Category: 接骨院、整骨院,症例紹介,鍼灸

本日、仕事中に会談を踏み外しふくらはぎの肉離れを起こした方が来院されました。
仕事中のケガは業務災害、通勤中のケガは通勤災害扱いとなり労災治療の対象となります。

本日もひとり業務災害の方がいらっしゃいましたので労災のお話をしてすぐに
会社の担当の方にお話をしていただきその手続きに入らせていただきました。
青い杜接骨はり灸院では労災保険での治療もしっかり受けられます。
窓口負担がなくさらには早期の回復をするための本来なら自費になる治療もしっかりと受けられます。
また、仕事中や通勤中のケガは労災対象となるため健康保険を使用しても治療はできません。(個人事業主は除きます)
会社側もいわゆる労災隠しは違法になります。
従業員の方も通勤中や業務中のケガは会社に報告を行い労災手続きをしてもらいましょう。

青い杜接骨はり灸院では労災保険による治療も行っていますが
毎月新規の方がいらっしゃいます。
それぐらい業務中や通勤中のケガは多いです。
ぎっくり腰や肉離れ、骨折や捻挫、自損事故、過失割合の高い(加害者側)事故など状況は様々です。
業務中や通勤中でケガをしてしまった場合は
仙台市太白区緑ヶ丘の青い杜接骨はり灸院までお問い合わせください。
お電話、メールどちらでも対応可能です。

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0021 宮城県仙台市太白区緑ヶ丘3-16-8
駐車場4台あり。最大5台駐車可能。駐輪場あり。
電話番号022-796-9436
予約予約優先制とさせていただきます
休診日水曜午前・土曜午後
日曜・祝日