TEL

Blog記事一覧 > 接骨院、整骨院,症例紹介,鍼灸 > 前回の投稿でお伝えした坐骨神経痛の症例。本日専門医から画像付きで返信が来ました。判断は間違っていなくやはり腰椎椎間板ヘルニアで保存的治療の選択となりました。

前回の投稿でお伝えした坐骨神経痛の症例。本日専門医から画像付きで返信が来ました。判断は間違っていなくやはり腰椎椎間板ヘルニアで保存的治療の選択となりました。

2016.12.28 | Category: 接骨院、整骨院,症例紹介,鍼灸

前回お伝えした【坐骨神経痛】の症例。
強烈な痛みのために当院から太白区南大野田の松本不二夫整形外科へ紹介した患者様ですが
やはり【腰椎椎間板ヘルニア】でした。
それも、巨大ヘルニアと呼ばれるもので同封してあった画像からも大きなヘルニアが確認されました。

一般的に【椎間板ヘルニア】は知名度が高く
・中学生や高校生の部活動を頑張っている生徒さん
・働き盛りの男性
・主婦
など、様々な方に発症する疾患です。
代表的な症状では腰痛と脚全体の痛みやしびれです。
この脚全体の痛みやしびれは神経ルートが決まっているため
その症状の出方によってはある程度障害されている神経(責任神経)が判断できます。
また、脚全体の痛みやしびれがあるからといって
ヘルニアと判断するのは時期尚早です。
他にも同様の症状を呈する疾患が多くあり
また、ぎっくり腰でも起こりえます。
その判断をして施術や紹介を決め、いち早く患者様の日常生活レベルを戻すのが
青い杜接骨はり灸院でのお仕事の一つです。

そのためには信頼できる専門医との連携も大事になります。
当院では数人の整形外科専門医との連携を図っていますが
今回、脊椎専門医の中でも権威である南大野田の『松本不二夫整形外科』松本不二夫医師への対診を行いました。
松本不二夫医師とは院長が小牛田の整形外科勤務時代よりお世話になっている医師です。
南大野田に開業してからも外来の患者様が外まで溢れかえっているくらい評判の医師ですので
それも含め安心して青い杜接骨はり灸院へお越しください。

年内は30日午前まで診療しています。
予約は埋まっている状況ですがキャンセルが出るかもしれません。
急に痛みが出た方や久々の休みでメンテナンスをしたい方は一度お電話をいただければ助かります。

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0021 宮城県仙台市太白区緑ヶ丘3-16-8
駐車場4台あり。最大5台駐車可能。駐輪場あり。
電話番号022-796-9436
予約予約優先制とさせていただきます
休診日水曜午前・土曜午後
日曜・祝日