TEL

Blog記事一覧 > 症例紹介,鍼灸 > 激痛を伴う神経痛で代表的な一つに帯状疱疹があります。最近立て続けに当院の患者さんがり患しました。帯状疱疹はお灸での対応が可能です。帯状疱疹でお困りの方は青い杜接骨はり灸院までお越しください。

激痛を伴う神経痛で代表的な一つに帯状疱疹があります。最近立て続けに当院の患者さんがり患しました。帯状疱疹はお灸での対応が可能です。帯状疱疹でお困りの方は青い杜接骨はり灸院までお越しください。

2016.10.27 | Category: 症例紹介,鍼灸

先週、先々週と当院の患者さん【帯状疱疹】にり患しました。
タイミングとしてはたまたまだったかもしれませんが本日はこの【帯状疱疹】について書いてみます!

日頃よりよく遭遇するこの疾患ですが初期の鑑別は難しいです。
虫刺されや単純ヘルペスに間違われることもありますし初期だと単純な神経痛に間違われることもあります。
当院の例ですと、
・受傷の起因なく背部中心に痛みを訴えた患者様が帯状疱疹を疑い皮膚科に紹介し、早めの治療を開始できた。
・右手首の骨折のリハビリ終了後2か月後に同部位に痛みを訴えたが骨折後の所見はなく帯状疱疹を疑い皮膚科へ紹介し確定診断。
・突然の肋骨の痛みで5日後に湿疹が出て初めて帯状疱疹だとわかった(その後当院来院にてお灸で施術開始)
など様々な例があります。

原因は水痘・帯状疱疹ウイルスの感染です。
子供の頃にほとんどの方はみずぼうそうにかかりますがこのウイルスが潜伏し
ストレスや過労などで抵抗力が低下すると神経から皮膚に伝わり炎症を起こします。

まずは神経痛のような痛みが起こり、その後赤い発疹、水疱に変わります。
さらに水疱が膿を持ち、かさぶたとなり3週間ほどで完治します。

帯状疱疹の中でも
・顎や耳から首にかけてできる帯状疱疹はラムゼイハント症候群と言い難聴や顔面神経麻痺、味覚障害を合併することがあります。
・発疹が治っても半年から数年以上痛みが続くものを帯状疱疹後神経痛といいます。
など帯状疱疹にも様々あります。

基本的には内服薬の投与が一般的ですがお灸での治療も可能です。
WHOでも帯状疱疹や神経痛には鍼灸治療が有効と認めています。
お灸でのメリットは副作用を心配する必要がないことです。
また時間もそんないかからずできます。
ただ、熱いです。もぐさというものを使って直にお灸します。
さらに鍼で神経痛に対してアプローチできますので
帯状疱疹や神経痛でお困りの方は青い杜接骨はり灸院までお越しください。

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0021 宮城県仙台市太白区緑ヶ丘3-16-8
駐車場4台あり。最大5台駐車可能。駐輪場あり。
電話番号022-796-9436
予約予約優先制とさせていただきます
休診日水曜午前・土曜午後
日曜・祝日