TEL

Blog記事一覧 > 交通事故,接骨院、整骨院,症例紹介,鍼灸 > 交通事故で圧倒的に多い損傷といえば首です。その首に起こるむちうち損傷とは具体的にどういったものかご存知ですか?当院はむちうち治療専門書籍に掲載されている実力院です!

交通事故で圧倒的に多い損傷といえば首です。その首に起こるむちうち損傷とは具体的にどういったものかご存知ですか?当院はむちうち治療専門書籍に掲載されている実力院です!

2016.10.19 | Category: 交通事故,接骨院、整骨院,症例紹介,鍼灸

交通事故が起こると多くの方が痛みを訴える部位といえば【首】です。
よく聞くのが【むちうち】というものですが
この【むちうち】とはどういうものでしょうか?
数回に分けて【むちうち】について書いていきます!

1・むちうち損傷はどのようにして起こるのか?
実際には後ろからの追突で起こることが多いですが正面衝突や横からの衝突でも発症します。
追突された際に首がむちのようにしなるような動きをすることから名前がついたと言われています。
むち打ち症は比較的速度の低い追突事故、例えば
・交差点進入のゆっくりとしたスピードでの追突
・渋滞時の低速での追突
などでも起こります。

また、
・着用が義務ですがシートベルトの有無
・ヘッドレストに頭をつけていたかどうか
・首の向き(前を向いていたのか左右確認などのため横を向いていたのか)
など首に加わる力や動き、その時の事故の状況によりケガの程度が変わります。
なので一口に【むちうち】といっても十人十色の症状になります。

しかし、この【むちうち症】ですがこれはあくまでもケガの起こり方を表しているだけです。
どういうことかと申しますと
・ジェットコースターなどで首を大きくふられた
・格闘技などで首への攻撃
なども同じ状況になるからです。
実際は頸椎捻挫や外傷性頚部症候群などと診断書には記載されます。

保険会社や警察へ提出する診断書を見ればわかりますが、このように書かれているときはいわゆる【むち打ち症】と判断していいと思います。

最初にも書きましたが比較的低速度での追突でもむち打ちは起こりえます。
症状がないからといって、また軽いからといって整形外科への受診を怠ったり、治療を開始しない場合は
後々後遺症として残る場合も多々あります。

青い杜接骨はり灸院では軽めのむち打ち症といえど将来的に後遺症が残ることなく完治へ向けて根本的に施術を行います。
交通事故の専門書籍にも掲載された接骨院ですので安心して当院へご相談ください。
整形外科専門医との連携も行っています。

交通事故に遭われ治療希望の場合は022-796-9436までお問い合わせください。

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0021 宮城県仙台市太白区緑ヶ丘3-16-8
駐車場4台あり。最大5台駐車可能。駐輪場あり。
電話番号022-796-9436
予約予約優先制とさせていただきます
休診日水曜午前・土曜午後
日曜・祝日