TEL

Blog記事一覧 > 交通事故,任意保険,接骨院、整骨院,症例紹介,自賠責保険,豆知識,鍼灸,雑談 > 交通事故治療のお問い合わせが増えています。治療の前に、交通事故に遭った時の対処の順番を覚えましょう。

交通事故治療のお問い合わせが増えています。治療の前に、交通事故に遭った時の対処の順番を覚えましょう。

2016.10.06 | Category: 交通事故,任意保険,接骨院、整骨院,症例紹介,自賠責保険,豆知識,鍼灸,雑談

10月に入り当院でも交通事故治療のお問い合わせが増えております。
交通事故治療は被害者はもちろん加害者も治療は受けられます。
被害者の場合は自賠責保険、加害者の場合は自分が加入している任意保険で補償されます。
具体的には人身傷害保険や通勤中、業務中の場合は労災保険が使用できます。
交通事故に遭った場合に使用できる保険やその内容も当院ではアドバイスできますのでお気軽にご相談ください。

さて、今回は実際に交通事故に遭った際の対処を書いていきます。
まず、どうするかを知っておいたほうがいいです。

交通事故にあったら…まず落ち着いて行動してください。頭などを強く打ったらあまり動かさないようにしてください。ケガの状況に応じて病院への手配をしてもらいましょう。
1警察へ届け出る
加害者からの報告は義務ですが被害者から届け出ておくことも必要です。特にケガをしている場合は人身事故扱いの届け出が大切です。
また、できるだけ早めに交通事故証明書の交付を受けましょう。

2相手を確認する
加害者の住所、氏名、連絡先、加入している自賠責保険・自動車保険の会社名や証明書番号、車の登録ナンバーなどです。

3目撃者の確保
可能であれば必要です。複雑な発生の場合は記憶があいまいになるケースもあります。
また、交通事故は突然発生しますのでその時の状況を覚えてないケースもあります。
最近はドライブレコーダーも普及していますが可能であれば確保しましょう。

4自分でも記録する
現場の見取り図や経過、写真などを記録しておきましょう。
示談交渉は交通事故から日にちが経ってから行われるため勘違いなどから言い分が食い違うこともあります。

5医師の診断を受ける
大したことがないと思っていても数日後に重症例だとわかるときもあります。交通事故に遭ったら速やかに医師の診断を受けましょう。
また2週間以内の受診がない場合、それ以上経過してから受診しても因果関係が認められないことがほとんどです。

6青い杜接骨はり灸院で治療をしましょう
基本的に当院は交通事故の場合は整形外科との併診をお勧めします。脊椎専門医師など数人の医師と連携をしています。
整形外科では検査や投薬、青い杜接骨はり灸院で手技などの治療を行うことで早期の復帰が可能になります。
その際は保険会社、医師ともに【青い杜接骨はり灸院で治療を受けたいです】と本人の意思でお伝えください。
保険会社から当院へ連絡がありますのであとは受診するだけでしっかりと治療が受けられますのでご安心ください(^-^)

昨日は保険会社2社の方とお話をしてきました。
当院での治療方針、効果を評価していただけましたので交通事故治療でお困りの方がいらっしゃいましたら
青い杜接骨はり灸院までお越しください。

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0021 宮城県仙台市太白区緑ヶ丘3-16-8
駐車場4台あり。最大5台駐車可能。駐輪場あり。
電話番号022-796-9436
予約予約優先制とさせていただきます
休診日水曜午前・土曜午後
日曜・祝日