TEL

交通事故で圧倒的に多い損傷といえば首です。その首に起こるむちうち損傷とは具体的にどういったものかご存知ですか?当院はむちうち治療専門書籍に掲載されている実力院です!

2016.10.19 | Category: 交通事故,接骨院、整骨院,症例紹介,鍼灸

交通事故が起こると多くの方が痛みを訴える部位といえば【首】です。
よく聞くのが【むちうち】というものですが
この【むちうち】とはどういうものでしょうか?
数回に分けて【むちうち】について書いていきます!

1・むちうち損傷はどのようにして起こるのか?
実際には後ろからの追突で起こることが多いですが正面衝突や横からの衝突でも発症します。
追突された際に首がむちのようにしなるような動きをすることから名前がついたと言われています。
むち打ち症は比較的速度の低い追突事故、例えば
・交差点進入のゆっくりとしたスピードでの追突
・渋滞時の低速での追突
などでも起こります。

また、
・着用が義務ですがシートベルトの有無
・ヘッドレストに頭をつけていたかどうか
・首の向き(前を向いていたのか左右確認などのため横を向いていたのか)
など首に加わる力や動き、その時の事故の状況によりケガの程度が変わります。
なので一口に【むちうち】といっても十人十色の症状になります。

しかし、この【むちうち症】ですがこれはあくまでもケガの起こり方を表しているだけです。
どういうことかと申しますと
・ジェットコースターなどで首を大きくふられた
・格闘技などで首への攻撃
なども同じ状況になるからです。
実際は頸椎捻挫や外傷性頚部症候群などと診断書には記載されます。

保険会社や警察へ提出する診断書を見ればわかりますが、このように書かれているときはいわゆる【むち打ち症】と判断していいと思います。

最初にも書きましたが比較的低速度での追突でもむち打ちは起こりえます。
症状がないからといって、また軽いからといって整形外科への受診を怠ったり、治療を開始しない場合は
後々後遺症として残る場合も多々あります。

青い杜接骨はり灸院では軽めのむち打ち症といえど将来的に後遺症が残ることなく完治へ向けて根本的に施術を行います。
交通事故の専門書籍にも掲載された接骨院ですので安心して当院へご相談ください。
整形外科専門医との連携も行っています。

交通事故に遭われ治療希望の場合は022-796-9436までお問い合わせください。

肩が固まった!?動かない!?いわゆる五十肩は固まってからでは大変です。痛みがある時点から治療を開始しましょう!万が一固まった場合でも当院にお任せください!

2016.10.18 | Category: 接骨院、整骨院,症例紹介,鍼灸

いわゆる五十肩と呼ばれるものは日常の診療でよく見られます。
自然と徐々に痛くなったものや外傷を起因としたものなどの様々な要因、部位などがありますが症状には共通点があります。
その共通点が
・経過中の痛み
・肩の動きが制限される
この2点が一番でしょうか。他には部位などによっては特徴的な症状があるため部位の特定は比較的簡単にできます。
ただ、これは多くの病態や症状を診ていないと困難です。
当院院長は長年の整形外科勤務かつ肩関節専門医のもと医師とともに仕事をしていましたので
多くの症例を治療してきましたので安心して当院へご相談できます。

また、発症から回復までの期間がまちまちで6カ月~3年という文献が見られます。
実際に治療をしていない五十肩ですとそれくらいの期間がかかる印象です。
また、回復したといっても動きの制限が残っているのがほとんどです。
当院での治療実績は最短で1か月で痛み、動きの制限ともに消失します。
遅くても4カ月です。
治療期間の短縮、完全な五十肩の症状の消失には自信をもっていますので
五十肩でお困りの方、長年悩んでいられる方は
太白区緑ヶ丘の青い杜接骨はり灸院までお越しください。
地下鉄長町南駅、八木山動物公園駅から車で5分、バスも両駅より直通のバスが当院目の前のバス停まで来ますので
アクセス面は良好です。
治療を考えてる方は当院へ一度お問い合わせください(^-^)

逆子治療で来られた患者様が治りましたと嬉しいご報告をいただきました!!逆子でお悩みの方は鍼灸も選択肢の一つです!!

2016.10.14 | Category: 症例紹介,鍼灸

本日嬉しいご報告をいただきました!!

先月より当院で逆子治療をしていた妊婦さんが無事に逆子が治り帝王切開を回避できましたと。
遠方からの来院でなおかつ1人で運転してきていたため、1週間から10日間の間隔でしか来院できませんでした。
それでも、しっかりと言われたことを実践し諦めずに継続できたことが要因としては大きかったと思います(^-^)
あとは、自然に出産できることをこちらは願うばかりです。
元気な赤ちゃんを産んでくれればと思います(^-^)

当院では逆子治療や不妊の方にも鍼灸治療を提供しています。
逆子では28週の時点で逆子であれば体操や鍼灸を併用し早めに戻しておくことをオススメします。
34週を過ぎると赤ちゃんも大きくなり子宮の中では狭さを感じ回りづらくなります。
今回の方は30週で治療を開始し34週で逆子が治りましたのでぎりぎり間に合ったような感じです。

以前34週を過ぎてから逆子治療を開始したケースはありましたがこの時は残念ながら間に合いませんでした。
なので、逆子で悩んでいる妊婦さんがいましたら鍼灸治療も選択肢の一つとして考えてもいいと思います。
青い杜接骨はり灸院では出産経験のある副院長が担当です。
出産時や出産後のお話も聞けますので安心です☆

また、不妊で悩んでる方も鍼灸治療を取り入れてみてはどうでしょうか?
鍼灸治療を取り入れることで妊娠率が高くなるデータもあります。
今現在も当院で不妊鍼灸を受けていただいている方も数人いらっしゃいます。
もちろん専門のクリニックとの併用です。
あくまでも鍼灸で補うという形で考えてもらえればいいと思います。
不妊でお悩みの方がいらっしゃいましたら青い杜接骨はり灸院までご相談ください。

交通事故による損害を補償してくれる保険は具体的には何があるのかご存知ですか?無保険車による事故は補償はどうなっているの?解説します!

2016.10.12 | Category: 交通事故,任意保険,接骨院、整骨院,自賠責保険,豆知識,鍼灸,雑談

交通事故に遭った際に被害者には必ず補償がされます。
前回のブログでもお伝えしましたが経済的な損害や精神的な損害が発生しますので
これを補償してくれるのが自動車保険です。

さらに自動車保険には【自賠責保険】と【任意保険】の2種類の保険があります。

自賠責保険…いわゆる強制保険と呼ばれるもので加入は義務です。自動車の運行によって他人を死傷させた場合に加害者が負う損害賠償額が支払い対象とされ『物』には補償されません。支払限度額が120万と定められています。
この120万の中で接骨院や病院での治療費、休業補償、交通費、慰謝料などが支払われます。
これを超す場合は任意保険から賄われることになります。

任意保険…加入は任意で保険会社によって様々な組み合わせや補償限度額のプランがあります。
先ほど申したように自賠責保険の支払い限度額を超えた損害や他人の自動車や建物に与えた損害、運転者自身、同乗者のケガ、自分の自動車の損害等が支払い対象となります。

接骨院などの医療機関にかかった場合、損害保険会社が被害者にじばい自賠責保険金を含めてお支払いするサービスを
『一括払い』といいます。この場合は被害者が自賠責保険と任意保険それぞれに請求することがないため、かなり負担が減ります。
治療希望の際も保険会社様より当院へその旨が連絡があり治療開始になります。
あとは当院と保険会社様との間で症状経過の報告や1か月ごとの施術証明書を発行したり密に連絡をとっていきます。

また、無保険車による事故の場合は特殊扱いです。
ここでいう無保険車とは自賠責保険をつけていない、保険切れの車やひき逃げ、盗難車などによる事故で負傷した、死亡した被害者は
自賠責保険では救済されません!!それではどうしたらいいかということですが、この場合は政府の保障事業に請求できるようになっています。

政府保障事業…国土交通省が加害者に変わって被害者が受けた損害を補てんする制度です。
支払い限度額は自賠責保険と同じです。
ただし、以下の点が自賠責とは異なります。
・請求は被害者のみで加害者は不可
・健康保険や労災保険などの社会保険による給付が受けられる場合はその金額が差し引いて支払い
・政府は被害者に支払った金額について加害者に求償を行う

この政府の保障事業への請求は各損害保険会社で受け付けていますので、自分が加入している任意保険会社へ相談するのがベストです!!
青い杜接骨はり灸院ではもちろんこの場合での交通事故治療を受け付けています!
案外知られていないこの制度ですが被害者がしっかりと治療、補償を受けられるように青い杜接骨はり灸院もサポートいたします。
無保険車にぶつけられた、ひき逃げされたなどでも諦めずに当院へご相談ください(^-^)

連休は交通事故が多発です。交通量が多くなりますので夕方から早めのライト点灯で交通事故を回避しましょう。交通事故には損害賠償が発生します。

2016.10.09 | Category: 交通事故,任意保険,接骨院、整骨院,症例紹介,自賠責保険,豆知識,鍼灸,雑談

本日は3連休の中日で今現在少し風が強くなってきました。雨予報ではないですが少々雲行きが怪しくなってますね。
天気が悪い日はなおさら、早めのライト点灯で対向車や歩行者に自車の存在を知らせることが大事です。
徹底すだけで交通事故が発生する時間で最も多い16~18時の事故件数を減らすことができます。

さて、本日は交通事故が起きた際に発生する【損害賠償】について書いてみます。
損害賠償とは、交通事故によって損害を受けた被害者に対して加害者がその損害の埋め合わせをすることをいいます。

具体的には何を『損害』として賠償請求できるのか。
これは、事故と相当因果関係のある損害について加害者に請求できます。
交通事故によって生じる損害には大きく分けて
『経済的な損害』…ケガの治療関係費、休業損害、逸失利益、修理費など
『精神的な損害』…慰謝料
の2つがあります。ただし、何でも請求できるものでなく事故との因果関係があるものに限られます。
請求できない例としては、事故と関係ない部位の治療(元々の関節痛や腰痛など)、事故前から故障していた車の一部、御見舞返しなどです。
当院では問診時において交通事故と因果関係がなさそうな部位については治療はしません。
整形外科医師、保険会社双方からも確認は取らせていただき、適正な部位での請求、治療となります。

そして、損害保険会社さんの役割は加害者に代わってお支払いをすることです。
適切な支払額が算出できるように事故の調査などを行い加害者が支払うべき損害賠償金をお支払いしています。

少々難しいと思いますがこれが交通事故発生時の損害賠償の仕組みとなっています。
交通事故の治療はもちろんのこと、これら交通事故に関わることも当院では勉強しています。
安心して当院へご相談ください!!
青い杜接骨はり灸院は全国62院のみが掲載されている交通事故専門書本に仙台市太白区では唯一選ばれました!!

交通事故のことは当院へお任せください。

交通事故治療のお問い合わせが増えています。治療の前に、交通事故に遭った時の対処の順番を覚えましょう。

2016.10.06 | Category: 交通事故,任意保険,接骨院、整骨院,症例紹介,自賠責保険,豆知識,鍼灸,雑談

10月に入り当院でも交通事故治療のお問い合わせが増えております。
交通事故治療は被害者はもちろん加害者も治療は受けられます。
被害者の場合は自賠責保険、加害者の場合は自分が加入している任意保険で補償されます。
具体的には人身傷害保険や通勤中、業務中の場合は労災保険が使用できます。
交通事故に遭った場合に使用できる保険やその内容も当院ではアドバイスできますのでお気軽にご相談ください。

さて、今回は実際に交通事故に遭った際の対処を書いていきます。
まず、どうするかを知っておいたほうがいいです。

交通事故にあったら…まず落ち着いて行動してください。頭などを強く打ったらあまり動かさないようにしてください。ケガの状況に応じて病院への手配をしてもらいましょう。
1警察へ届け出る
加害者からの報告は義務ですが被害者から届け出ておくことも必要です。特にケガをしている場合は人身事故扱いの届け出が大切です。
また、できるだけ早めに交通事故証明書の交付を受けましょう。

2相手を確認する
加害者の住所、氏名、連絡先、加入している自賠責保険・自動車保険の会社名や証明書番号、車の登録ナンバーなどです。

3目撃者の確保
可能であれば必要です。複雑な発生の場合は記憶があいまいになるケースもあります。
また、交通事故は突然発生しますのでその時の状況を覚えてないケースもあります。
最近はドライブレコーダーも普及していますが可能であれば確保しましょう。

4自分でも記録する
現場の見取り図や経過、写真などを記録しておきましょう。
示談交渉は交通事故から日にちが経ってから行われるため勘違いなどから言い分が食い違うこともあります。

5医師の診断を受ける
大したことがないと思っていても数日後に重症例だとわかるときもあります。交通事故に遭ったら速やかに医師の診断を受けましょう。
また2週間以内の受診がない場合、それ以上経過してから受診しても因果関係が認められないことがほとんどです。

6青い杜接骨はり灸院で治療をしましょう
基本的に当院は交通事故の場合は整形外科との併診をお勧めします。脊椎専門医師など数人の医師と連携をしています。
整形外科では検査や投薬、青い杜接骨はり灸院で手技などの治療を行うことで早期の復帰が可能になります。
その際は保険会社、医師ともに【青い杜接骨はり灸院で治療を受けたいです】と本人の意思でお伝えください。
保険会社から当院へ連絡がありますのであとは受診するだけでしっかりと治療が受けられますのでご安心ください(^-^)

昨日は保険会社2社の方とお話をしてきました。
当院での治療方針、効果を評価していただけましたので交通事故治療でお困りの方がいらっしゃいましたら
青い杜接骨はり灸院までお越しください。

テーマは高齢者の圧迫骨折。それを誘発する骨粗しょう症や転倒の知識も大事になります。高齢者の施術は当院へお任せください。

2016.10.04 | Category: 接骨院、整骨院,症例紹介

前回は若年者の圧迫骨折について書いてみましたが
本日は高齢者の圧迫骨折についてです。

高齢者の圧迫骨折は今では広く知れ渡っていますが
その直接の原因は転倒にあります。
転倒によって引き起こされるのが骨折です。
脊椎圧迫骨折や大腿骨頚部骨折、橈骨遠位端部骨折、上腕骨骨折、肋骨骨折などがそうです。
しかし、骨折することで何が問題かというと寝たきりになるリスクが高くなるというところにあります。
橈骨遠位端部骨折や上腕骨骨折、肋骨骨折では寝たきりになるリスクが低いです。
しっかり固定などを行い適切な処置をすれば元の生活レベルへ戻れます。
それに比べ、脊椎圧迫骨折と大腿骨頚部骨折は寝たきりになるリスクが非常に高いです。

今回はこの脊椎圧迫骨折についてですが、骨折自体は手術をするわけにはいかないので
固まるのを待つのが治療になります。
なぜ、手術できないかというと骨粗しょう症にり患している可能性が高いからです。
骨粗しょう症の診断を受けている方は常に骨折や寝たきりになる可能性と隣り合わせです。
これを理解しないと圧迫骨折の治療は進まないのと一緒です。

当院では必ず骨粗しょう症についての説明から始まります。
一口に圧迫骨折の治療をしましょうと言ってもなかなか難しいのが現状です。
もちろん、脊椎専門医と連携を図っていますのでその治療も当院へお任せください(^-^)

当院へのアクセス情報

所在地〒982-0021 宮城県仙台市太白区緑ヶ丘3-16-8
駐車場4台あり。最大5台駐車可能。駐輪場あり。
電話番号022-796-9436
予約予約優先制とさせていただきます
休診日水曜午前・土曜午後
日曜・祝日